女性

歳を重ねることで気になる加齢臭|食事やアイテムで改善

肌をきれいにするために

女性

乾燥を防ぐ

顔の肌は体の他の部分の肌よりは敏感にできており、そして体の他の部分の肌より外の空気に触れている時間が圧倒的に長いため、丁寧なスキンケアが必要になります。特に保湿はとても大切です。保湿のケアを行う化粧品は多くありますが、多くの方が利用しているのは化粧水です。お風呂上がりや洗顔後にはあまり時間をおかずにつけることが顔の肌の乾燥を防ぐにはとても大切です。お風呂上がりや洗顔後はお湯やぬるま湯で洗うため、水分が多い状態なのではないかと思われがちですが、水分がなくなってしまうとすぐに乾燥していくので注意が必要です。そして、つける時に激しく音を立ててつける方もいますが激しくつけると肌が傷つく可能性があるので、化粧水をつけるときもその他の化粧品をつけるときも、優しくつけることが大切です。

成分はほぼ水

洗顔後に多くの方が利用する化粧水ですが、成分はほぼ水です。それなら必要ないのではないかと思われますが、残り少ない割合で肌の乾燥を防ぎ保湿をする効果があります。化粧水の目的は肌の保湿ですが、販売されてあるものにはニキビケアができるものや、シワを防ぐものなど様々な目的のものがあります。それぞれのケアの目的のものが配合されると、肌への負担が大きくなることもあります。自分の肌に合っているのであれば問題はないのですが、問題があった時は使用しない方が良いです。化粧水をつけた後に肌につけるのが乳液です。乳液には化粧水で得た保湿を肌に閉じ込めておく効果があります。肌の保湿を守るためには乳液は欠かせません。しかし乳液の付けすぎは肌の表面がベタベタしてしまうので、付けすぎには注意が必要です。